◆   劇団紹介             
                                 I  N  F  O  R  M  A  T  I  O  N
        
             
            不思議な影絵芝居
をする、家族4人一座です

     父一人でも頑張ることがあります

            
                                                   
 
 

 

                        人形遣い・晴琉屋(はれるや)フン が、登場するすべての人形(自作)を一人で操り、七色の声色で、物語を展開します。
       
          ◆ 音楽担当せせら小梅 が、グンデル(インドネシアのガムランの一つ。鉄琴のような楽器。)や、キーボード、
                                                                                手製の竹楽器や打楽器、時にはなんと津軽三味線までも(!)生演奏。歌も好評。
       
        
   アシスタントアンブレラ雨枝 (うき 小6が、様々な鳴り物を使って、音楽にふくらみをつけます

          ◆ 見習いトーマス・ロック (小1)は、あいさつで銅鑼を鳴らし、簡単な楽器を担当。


   特  徴     ◆ その一 .  人形が芸術的!     牛の皮に非常に細かな彫りを施し、精密に彩色した人形です。
             
                        
                  他にも様々の素材・手法を使った人形があり、演目によって、使い分けられています。
     
       
  お姫様と二枚目 ( 高さ 約35cm )     花魁とゴロツキ        色が透ける人形 
   (影側の写真)
 版画式に彫刻刀で
      彫り出した人形 
 色の透ける紙で作った人形
     
                  
               
その二 .     幕をはさんで両側から見れる! 影絵なのに人形に色がついているのはそのため。 
                                           
    *  影は 墨絵のように濃淡や歪みがあって、予想外に立体的に見えます。
        ストーリーをじっくり味わいたいのなら、影の側がお薦め。  
  
 
裏に回れば、極彩色の熱帯魚のような人形を直に見れます。
   人形の動かし方、楽器の演奏方法なども楽しめます。

 ←お客さんの座り方。 
      30分の演目を2本する場合、まず始めは全員で影を見てもらい、
   次の一本は希望者が 後ろに回って見ます。
 
  ( はじめから裏から見ることを想定した人形作りになっているので、
   舞台裏をみる感覚とは少しちがいます。また、すべての演目でそうい 
   った見方をするわけではありません。)

 ← 後ろ側から見るお客さん。
                          
          *
 人形の操作方法は、熟練の技!

                                インドネシア仕込みの操作方法。アクロバット的な大技・小技の大活劇!
       空中回転やら、武器を使った戦いやら、馬に乗ったり、竜が空を飛んり……。                           しかも人形遣いは人形を動かしながら、足で鳴り物の楽器を鳴らしている!              
       その上、照明のスイッチの操作も忘れない!
                  でも2回、人形を会場と宿に箱ごと忘れたことがある!


 
                    
                    
                                   
                    
        
その三 .  音楽が生演奏!

           せせら小梅は無口で、愛想はあまりありませんが、音楽は饒舌。(特に打楽器。)
                バリの楽器からキーボード、ドラに太鼓、津軽三味線まで。かなり複雑なことを、何気なくこなします。歌も好評。

                              
                         *バリのガムランの一つ、グンデル              *旅先の浜でも練習するせせら小梅
                            ( エキゾティックな音色 )


     ◆ その四 .  
手作り感 満載!
                   人形はもちろん、楽器、照明、幕、衣装、ハンコまで、手作りのものが豊富。 (電球までは無理)
                        ストーリーもオリジナリティーにあふれています
。……お金はないけど、時間と創作意欲はたっぷり。

                                                          
                                                *各種楽器。                      *舞台衣装                   *幕の刺繍

                                                            
                          *幻灯機 (江戸写し絵風)            *竹琴                                                          *ホケキョ・グッズ
       
   
            ◆ その五 .  演目・公演に幅がある!→予算苦しいときこっそり相談して下さい。

                      * 演目は幼児低学年向け、高学年向けから大人向けまで、豊富にあります。
                                    サーカスのような気楽なもの、シュールで多少ブラックなものから、怪談まで。 ( 演目紹介をご覧ください。)
                            ( 一日に2ステージやって、1ステージ目は子供向け、2ステージ目は大人向け、なんていうことも可能です。)
     
        * 一人芝居 もできます。
                        → 『晴琉屋フン次郎一人旅ピュ〜』、傘芝居『大仏行進』
                 予算が厳しい場合や、観客数が少ない場合、晴琉屋フンの一人公演   
                  も できます。
          
               音楽は録音したものを使いますが、お話の内容は全く同じ。
       
( せせら小梅やアンブレラ雨枝が、小さくなってMDの中に入っていると思って下さい。)

 
                                                        「晴琉屋フン次郎一人旅ピュ〜」→
 

                * 影絵人形作りのワークショップ大好評。                                
     
     工作好きの晴琉屋フンの本領発揮!
   牛乳パックと割り箸で作ります。幕はなんと、普通の雨傘。
       
     あなたもその日から、自分の家で影絵芝居ができます!
         幼稚園の先生などにも是非覚えてもらって、お楽しみ会などで
     やってもらいたい。

       子供会などで工作教室もやっています。(簡単な楽器作りもあります。)
   
     
               ◎ 仕事は、全国各地の親子劇場・こども劇場人形劇フェスティバル飯田喜多方etc)が多く、
                                小学校・中学校の観劇会、幼稚園や児童館でのお楽しみ会、ギャラリーなどでの個展のオープニングの公演や、 
                 お寺での催し物、結婚式の余興もやったことがあります。 銭湯や、クラシックホールでやったこともあります。 
                        
                                                   
               七夕とかクリスマスとかの夜に影絵芝居なんて、風情があって実にいいと思います。
                                            (七夕会、クリスマス会、お月見会、冬の幻灯会などに、いかがでしょうか。)            


 
  ◆   劇団の成り立ち
               
 


     若い頃の晴琉屋フンが、大学を休学して外国を一年間ほど自転車で旅しました。
    (シベリア鉄道でロシア、そこから自転車でぐるっとヨーロッパ、最後にバスでトルコからインドまで。
     その後大学は復学して、きっちり?卒業しました。)
  「もっと 面白い旅行がしたい………。なんか芸をしながら旅行するとか?」 
  そんな時、知り合いからインドネシアに影絵芝居の学校があることを聞きつけ、「ほお〜!」
  で、インドネシアに行って、伝統の影絵芝居(ワヤン・クリッ)を勉強することに。
     
    ジャカルタの大学でインドネシア語を勉強した後、影絵の中心地ジョグジャカルタで、先生を
  探して入門。 最初「……つまんねぇ」と思って(失礼)、バリの踊りに夢中だったのですが、
  ある時、 浮世絵の写楽風な侍の人形を作り、むこうの影絵の世界(マハーバーラタ)に侍が
  登場する話を師匠の前座でやらしてもらってから、急に面白くなって。 
   
       その後、芸術大学の学生たちと組んで、1時間くらいの自作演目を何箇所かでやって、もの
  すごくうけました。 ( その時のメンバーの一人が、短期留学中のせせら小梅です。) 
                                                                                                                                                                                                              
                               
 
   * 公演をする晴琉屋フン。
       地元紙に掲載されました
                
                当初2年くらいで何とかするつもりが、いろいろあって、7年半
    その後日本に帰らないまま、せせら小梅と組んで、念願の大道芸の旅ヨーロッパへ。

      約半年、ヨーロッパの国を回りました。商店街のシャッターの閉まっている店の前など
    に幕を張って、せせら小梅がバリの楽器を鳴らし、10分位のチャンバラのアクション物を
    日本語で。飯代と宿代くらいは儲かり、やっぱり通り過ぎるだけの旅行とは一味違い
    面白かった。でも、 大道芸に必要なアクの強さや押しの強さが、どうも性に合わない。
    それと言葉の飢え、セリフの面白さで笑わせたい。
    ならば 日本に帰って、チケットを売って、その緊張感の中で芝居をしてみようと、
    凱旋帰国したのでありました 。    

   
 まず以前、陶芸の体験のために住んでいた愛知県の常滑に。
愛知県は人形劇が盛んなためか、影絵だけで暮らせるようになるのが意外に早かった。
でもうちらが「人形劇」というジャンルに組み込まれるのに、多少違和感はありました。

 そこに4年ほど住んで、「海なら海、山なら山。もっとはっきりしたところに住みたい!」と、
長野県の飯田市の山奥の村に引っ越し。 空き家になった古い大きな家を、テニスコート大の
畑付きで、月1万円!  お風呂は薪で。
 このあたりから、全国各地の親子劇場での仕事が来るようになり、長女(雨枝)連れの一座で
いろいろなところで仕事をしました。
 
 そして、子どもと両親のことを考え、せせら小梅のおじいさんたちが住んでいた千葉県の
館山市に引っ越し。長男(六)が生まれ、現在に至ります。

 
 *  ウグイス号に乗って移動する一座
  スタッドレス・タイヤは、自分で交換!



            
                                   ガハハと笑えて、やがて切ない………ホケキョ影絵芝居です
      

                                         ※「ホケキョ影絵芝居」の由来。
                           ウグイスがあの山、この谷、「ホー ホケキョ」といい声で鳴くように、あちこちで気持ちいい公演をして、 
                         貰うものもらったら、さっと消える。………… そんな一座でありたいわけです。
                                                                                
                                                                                                                                                                                                                                                                                
  
 
  (←Top)