◆ 実務資料 
                    C   O   N   D   I   T   I   O   N      
 
        公演のための注意点  



 



                      
                           ◎ まず肝心なのは、暗さ真っ暗が理想です。
                  「スライドが見れるほどの暗さ」というのは、影絵芝居にとっては不十分。それでは夕方の花火になってしまいます。
                          暗幕でない普通のカーテンの裾からの光の漏れ、誘導灯の緑のランプ、ドアの下端の隙間。注意するところは、いろいろあります。
                                                      そこを、紙や黒いビニールで塞いだりします。  ( 昼の公演で、天窓のある会場で泣かされたことが何度かあります。)

             ◎ 固定席の会場より、平土間の方がむいています。
                 ( お寺とか、ギャラリー、倉庫など、雰囲気のあるところによく合います。)
   
                    ◎ 適正観客数 ……50人〜100くらい。  最大で200人です。
                        なにしろ人形の彫りが細かく繊細です。幕から離れると、視力が6.0くらいでないと繊細さが分かりません。
                                                            一人で人形を動かし語らせる、その上音楽も人形に合わせての
生演奏そのためアドリブ的な要素も多く、ライブ感が高い芝居だと思います。
                              ですから多すぎる人数で、距離をとってみると、その息遣いみたいなものが感じにくくなると思います。
     
                                              お客さんが100人を超える場合は、平台(学校の教壇のようなもの。3×6尺が4枚)と、箱馬(平台の足に使う木の箱)10個が必要です。
                    会場になかったら、コンパネとビールケースで代用できます。(多少見栄えをよくする工夫が必要ですが。)

           ◎ 仕込み(準備)約2時間バラシ(片付け)1時間かかります。
                                              
                           ◎ 必要最小面積……間口6メートル、奥行3メートル、天井高2、5メートル

                  ◎ 必要電力……20アンペア程度。家庭用のコンセントが、2口。

                  ◎ 公演料……基本2人の30分〜1時間の公演で、6〜13万円です。(交通費は別途。)
                  

                           また、人形遣い1人の公演 もできます( 音楽は録音したもの。公演料は3〜9万円。)
               
                               * 料金に幅があるのは、お客さんの人数、公演時間、会場の広さ、演目の種類等の違いからです。
                                                       詳しくはお尋ね下さい。
                                                                       「予算はこのくらいなんだけど、なんとかできないか」と言うような要望に、できる限り応えたいと思います。
                      
                        「音楽は生で聴きたいけど、2本やるには予算が厳しい」とか、「小さい子が多いので、1時間は集中力が続かない」などの理由で、
                        30分の話を1本やって、その後10分程度、人形の動かし方や、楽器の説明、それで何か質問があればそれに答える時間を設け、
                        合計で45分、というのがよくあるパターンです。
          
                               
     例えば、一人でやる傘芝居なら、セッティングも楽なので、
  低予算に対応できます。
 



← 傘芝居『大仏行進』の一場面
 
              
                                
         
              ◎ 影絵の人形作りの ワークショップ もやっています。
                         
     牛乳のパックで、簡単な人形を作り、傘を幕にして、影を楽しむことができます。
                                                                  (2時間程度。30人くらいまで。ハサミ、カッターなどの道具は、各自持参)
                                       料金は 2万円。   (ただし人数が少ない場合、多少のおまけ有)                                                                                        
                                                                         
                                                                     * ワークショップの参加者が作った人形を交えての、短い実演 『キコリ カムバック!』もオプションで。
                         

                                                                   
                     * ワークショップの様子                          * 雨傘が幕に! 
                           
                            
                            ◎箱バン一台(ウグイス4号)に、機材一式(マイク、ライトetc)と家族全員、すべて乗せて参上します。 


                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              


                                  
                                          
                                           
                                      
                              
                             * まだ公演してない県 → 群馬、奈良、広島、徳島、佐賀、長崎、鹿児島、沖縄。
                                  その県で一番初めに呼んで下さった方には、公演料をおまけします!
                                                 



 
 (←Top)