◆ 近況       
                    W h a t 's  n e w ? 

                       ◎ 2017年 9月……久しぶりに忙しい夏でした。
                       ワークショップも各地でやりました。私、「子供をのらせるのがうまい」と言われます。
                       基本的に子どもの絵にはかなわないと思っているので、自分に描けそうもない絵に
                       素直に「すげ〜!」と思うのです。
                        「何なんだ、この子ども大人……」と言われたこともあるなぁ。      


                           


                        傘芝居も好調。
                          「催眠術のように、傘がだんだん大きく見えてきた」
                          「万華鏡!」    
                         
                          「いつもだけど、ホケキョ見ると、ふわーーーーっといい気持になる」
                            「ふわ――ーっと 」と言った時、おばさん左に大きく手を広げてさ、
                            なんか風を起こしてるみたいだった。     
                                                 


           ◎ 2017年 3月……もう間近になってしまいましたが、3月26日に傘芝居の一人公演をします。
                        場所→西武池袋線・清瀬駅北口より右側に徒歩1分の清瀬生涯学習センター
                        時間→13〜14時
                        料金→前売大人2000円、子供1000円
                            当日は300円増し。
                        演目は、一部に熱狂的なファンがいる「しみじみクラゲ」と、新作「大仏行進」! 

                       
            ◎ 2017年 2月……時々、影絵の人形作りのワークショップをしています。各自牛乳のパックで人形を作った後、
                        傘の幕に自分の人形の影を映してみます。
                        その後、時間があれば、参加者が作った人形も登場させて、10分位の短い影絵芝居を
                        私がすることもあります。題して「キコリ・カンバック!」   「シェーン・カンバック」の
                        イメージで。 この間、千葉西親子劇場でやった時の感想。
                        「何人かの子供が、終わり方に文句を言っていたのが、おかしかった」
                        「家に帰ってからも、あの終わり方でいいの?と何度も聞いてきた」……だって。
                        子供って、正義感あるのよねぇ。
                                          
                       


                       ◎ 2016年 10月……年一回発行のホケキョ新聞を作っています。今年で5号になりました。
                        (通常6月の親子劇場の企画会議で配っております。)
                        せっかくだから、このホームページに載せようと思いついたのですが、うまくいきません。
                        もし読んでみたいという方、いらっしゃいましたらメール下さい。メールでお送りできます


◎ 2016年 9月 …… 今年の夏から、傘芝居を始めました。
             普通の雨傘を幕に使って、影絵芝居をします。
           

      それ専用の演目は、『大仏行進』 もちろん新作です。
     喜多方の21世紀シアターでやりましたが、予想外の好反響。
     釣りで言うと、入れ食い状態! お客さんがいいものね、あそこは。    
     もちろんいつもこううまくいく訳ないけれど、うれしかった。
       
    前の方に座ってた6年生くらいの太めの男の子が、公演中よく反応 
    してくれてたんだけど、終わった時 「ホケキョ、すんげえ」って。         
 
 

                 傘芝居の面白さは、幕にしている傘が曲面なので、影がかなり歪むこと。
                 それと、画面が丸いゆえに中心を取り囲むような、円舞みたいなことも可能なこと。
                 もちろん、人形の操作には不自由が出ますけど。
                 マッチの先位の大きさの人形も使うので、お客さんに見えるか心配したけれど、しっかり
                 反応があったので。(会場は学校の教室を一回り広く、そこに100人ぐらいのお客さんでした。)
                   
                   改良点も多々あるので、少しづつ。

                   「ホケキョ、すんげえ」で、一年間くらい辛いことに耐えられそう。       私のお守り。
                   



      ◎ 2015年  9月 ……   この間、岐阜県の中津川の劇場で『耳なし芳一』をしました。
                    この地域は、昔から村歌舞伎が盛んだったそうで、「常盤座」という小屋が会場でした。
                      回り舞台や、花道まである会場で、舞台には「助六」のセットが。
                      時代幕を開けて、口上から始めました。


                          

                                     
                                        
                                                                                                                 
      
 ◎ 2015年 7月 ……今年から一人での公演に力を入れたいと思っております。
                     
                                      題して『晴琉屋フン次郎 一人旅ピュー』
      
                                
           
      「  好きで選んだ影(シャドー)の稼業
     女房子どもを置いてまで
      行かねばならぬ 悲しい運命(さが)よ 」  ピュ~

       演目自体は今までやって来たものながら、公演を晴琉屋フンが一人でやるのでございます。
    生演奏が売りの一つだったので、大分印象は変わるかもしれません。
    そのかわり、いろいろなメリットもあります。
  まず第一に、宿泊代や食事代の経費がぐっと抑えられること。
    その上一人旅ですので、   移動に多少の無理が効く。例えば今までの構成では前のりしないと
    難しかったものが、のり打ちができるようになります!
  つまり、予算の厳しい劇場さんなどには「ほほぅ〜」の朗報なのです。
    また公演自体は、楽器演奏者にお客さんの注意がいかない分、ストーリーに集中し易い
  はずです。(じっくりお芝居を味わえるわけです。)

    今までの家族の編成のものと、ケースバイケースでご検討下さい。

                      
           
   


  

                                       
                                         
                                               
                                                                                                               「 またねー 」


                                                                                                                 
                                                                                                                 
                                                                                                                           
 
 (←Top)